手ぶれシミュレータ

手振れシミュレータ

TSS-1000は3軸駆動の手ぶれシミュレータです。
サーボモータを採用することによる高応答・高精度・高分解能なピッチ・ヨー・ロール軸を搭載。各軸は共に同期駆動が可能です。
データ転送プログラム《Data Loader》を使用することにより、 自由波形・sin波・合成sin波・振幅変調波・周波数変調波等の駆動データをコントローラへ簡単に転送することが可能です。

TSS-M0210Yは、CIPA規格に対応の2軸(ピッチ・ヨー)駆動の手ぶれシミュレータです。
この装置を用いることにより、CIPA DC-011-2012 に準拠した手振れ補正効果の測定が可能となります。
手ぶれシミュレータ